2017年5月17日 トレーラーハウス『Cricket(クリケット)』で行く、成田ゆめ牧場オートキャンプ場!三郷から、たったの60分のアウトドアスポット!

出張みさとぴ

こんにちは。
副編集長のシイノキ(@info_misatopic)です。

こんにちは!
妻で編集長のみさ子(@misako_misatopi)です!

トレーラーハウス『Cricket(クリケット)』のアンバサダー記事、第4弾。
ついに本番キャンプに行ってまいりました。
シイノキは普段からトレーラーをけん引しているイメージで妄想練習を重ねました。

だいぶ緊張してたね。
大きな口叩きがちなのに、意外とちっちゃい男だなと傍観してました。
あたしは運転しないから安心安心。

キャンプ場で俺が倒れて意識不明になったらお前が運転すんだぞ。
さて、みさとぴファミリーは初めてのトレーラーキャンプの行き先にどこを選んだのか、そこで一体なにが起きたのか。
レポートさせてもらいます!三郷からめっちゃ行きやすいので、普通におすすめのキャンプ場です!

みさとぴが、キャンピングトレーラー『TAXA Cricket(クリケット)』のオフィシャルアンバサダーに就任!販売はもちろん三郷の会社です!
三郷発の『Cricket(クリケット)』はNASAの遺伝子を感じる最新のトレーラーハウス【PR】
キャンプ本番前にトレーラーハウス『Cricket(クリケット)』の接続手順と走行練習をレクチャーしてもらった【PR】

キングオブ雨男の呪い!初のトレーラーキャンプで雷雨&豪雨体験まで出来てしまった

さて。
記念すべき初めてのトレーラーキャンプの舞台に選んだのは、成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場。
・トレーラーが入れるオートキャンプ場
・高速道路を降りたらすぐ着く
・キャンプ以外で楽しめるコンテンツがある(子供向け)

と、いくつかの条件をクリアしていたからです。
三郷からも1時間弱と、すげー近い。

キャンプ場利用のお客さんは、通常1400円(子ども700円)の牧場入場料が900円(子ども500円)に割り引かれ、滞在期間中は出入り自由!という特典がついちゃってるんですよ。
すげーお得でしょ。

with トレーラーでも高速道路は楽ちん!料金だけは中型料金になるよ

車線変更時の全長だけ気をつけていれば、トレーラー牽引時の運転は楽ちん!
初めてということで勝手がわからなかったのは、牽引時は車種区分が普通車→中型車になるのでETCの登録変更をしていない場合はETCが利用出来ないところ。
ただまぁ、有人ゲートを通れば間違いないですね。

ETCゲートには端末との通信の他、踏み板センサーやカメラでの車種区分判別などのシステムが組み込まれているので、シレッと普通車として通るってわけにはいきません。
ていうか、通れても通っちゃダメですけど(笑)

GW期間中は区画サイトになっていた成田ゆめ牧場、トレーラー設置でみさ子さんとひと悶着

普段はフリーサイト(どこでもキャンプしてOK)の成田ゆめ牧場オートキャンプ場。
GW期間中のこの日は、8m×8mの区画サイトになっていました。
ここが第一ハードル。真四角のエリアに車とトレーラーを駐車しなくちゃいけません。

これが理想ね。
こう駐車すれば狭い区画エリアを最大限に広く使えるわけです。
とは言え、トレーラー駐車スキルのないシイノキ。

まずは区画内に適当に置いたトレーラーを、教えてもらった通りに手押しで位置調整すればOKじゃね?
と計画。

ところが、このトレーラーの手押し移動。
『軽い軽い。タイヤつければ大丈夫。』
と聞いていたのに、普段はマウスよりも重いものは滅多に動かさないシイノキが、180%のパワーを使ってスーパーシイノキ化しても2cmくらいしか動かない。
それどころか、自重で芝生の中に沈んでいく始末。

これはひとりでは無理だ!とみさ子さんに
「おい、みさ子さん。スマホいじってないで手伝え。」
と巻き込んだ。

せーの!うぉぉぉ!!!
って、俺が引っ張ってるのにお前も引っ張るんかい!!!

いやいや、指示してよ。
どうしたいのか全然わかんない。

クッソこいつ!
わかった、今から俺が引っ張るから、お前は押せ。
よし!よいっしょおおぉぉうぉおおぉ!!
って押せやボケェェェェ!!!!!

さっきはせーの!って言ったのに今は言わなかったじゃん!
いきなり力まれても、いつ押せばいいのかわかんないよ!

(ぶっとばしたい!)
……よし、じゃぁわかった。わかったわ。
せーの!よいしょ!よいしょ!うぉらぁ!こらしょ!!
ってバカ!!!
俺100+みさ子50=150の力を使って
ひゃくごじゅーう!ひゃくごじゅーう!
ってやりたいのに、俺が引っ張ってる時に休んで、俺が休んでる時にお前が押してたら、
ひゃーく…ごーじゅう…ひゃーく…ごーじゅう
で1mmも動かないだろ!何だお前は!!

あーもう!やだ!
お前の言ってることはよくわからない!

クッソ!もうあっち行け!!
スマホで冒険にでも行け!!(スマホゲームのドラクエ)

お前にはバイキルト使ってやらないからな!

うるせぇ!ラリホーだ寝てろ!!

というわけで口論をしながら出来上がったのがこちら。
なんともまぁ、中途半端な位置になったけれど、体力と精神力の限界が来たので妥協しました。

実写がコレね。
まぁ。。。うん。上出来だよ。
(後ろの区画サイトの方から、「若いのにすごいの乗って現れたと思ったら駐車が超ヘタでワロタ(脚色アリ)」と後に説明してくれました)

トレーラービレッジの大窪社長が折り畳みウッドテーブルや椅子達を貸してくれました。
それを組み立てるくらいならみさ子さんにでも出来るだろと任せた結果が下のコレ。

……出来たんだけど、これなに?どうやって使うの?

……お前マジかよ。
2歳児が呆然としてんじゃねぇか。
シナプス死んでんじゃねぇの。

ちなみに完成図はこちら。
安さと品質、オサレさのバランスが抜群で、大人気のアウトドア商品です。

ひとまずセッティング完了。
シイノキは引き続き『Cricket(クリケット)』の中をセッティングします。

ベッドメイク。オトナが二人+子ども一人が横になれるくらいのスペースがあります。
一枚目の奥に見えるのはキッチン棚ですね。
吊り下げ式ベッドは130ポンド(約60kg)まで使えます。

子どもだけなら5人くらい横になれちゃう。
クッションも厚いので、下手すると布団よりも寝心地良いですよ。

すべての窓に網戸もついてるので換気性も抜群。
ちなみに、窓もドアも閉まってると、屋根がしまらなくなるくらいの気密性があります。

子どもたちはお絵かきタイム。

『Cricket(クリケット)』が珍しくて、近隣サイトの子どもたちが集まってきました。
キャンプ場に入っていく時も、
「すっげー!!!」
と沢山の子どもたちが目をキラキラさせていて、もっと見せてあげれば良かった!と後悔。
40歳にもなると、それなりに色々経験しているし、新しい経験も想定と想像で「まぁこんなもんかな?」と、物事に対しての驚きとか新鮮さとかが薄れていくもんですが、今日のシイノキは彼らと同じ。
トレーラーの運転も使用も初めての興奮です。

夕飯は新装備のKAMADOで手づくりピザを焼くことに決定!

夕飯はレイクタウンのWILD-1で仕入れてきた、KAMADOを使ってピザを焼くことに決定。

KAMADOは現地で組み立てる。
みさ子さんに任せていたら途中で放り出して消えた。

生地は袋に入れて子どもたちに揉んでもらう。
途中までみさ子さんがやっていた気がするんだが。

キャンプに来ると子どもたちが元気になる。
歌いながらトイレに向かう1姫と2姫。

トイレはとっても清潔で、便座暖かかったりするんですよ。
最近のキャンプ場はすげぇ。女性でも安心ということで、女子会パックなんてのもあるくらい快適なんです。

管理棟のログハウスには売店もあって、炭なんかの忘れ物があっても、ここで買えちゃう。

謎の乳サイダー、『ヘイ!ヘイ!ホエイ』を購入。
なんだろ、むかし売ってたアンバサみたいなお味。
廃棄していた、ホエイと呼ばれる栄養価の高い成分を使って作られているらしい。
ネーミングセンス…ただ、これが正解な気がする。

戻るとピザが完成していました。
「シイノキ、ピザ屋でバイトしてたよね?作れるでしょ?」と言い出したので
「いい加減働け。」
と叱りました。

250度に熱したKAMADOの中に放り込むと…

良い感じにチーズがグツグツと焼け始めました。

完成!
サクサクの生地と香ばしさが最高。
KAMADO買うことに対して、使用頻度を考慮して抵抗しかなかったけどコレは良いかもしれない。
おいしい。

雷鳴轟き、冷たい風雨が吹き荒れ、三郷では竜巻が起きていたけど『Cricket(クリケット)』は無敵だった

良い肉と2姫大好きなソーセージを焼いていると……
さっきから吹いていた、冷たくて強い風が強まり、気のせいかピカピカ光ったりゴロゴロ音がしたり……
気のせいだろうなって思ってたら

ピカーン!ドーン!!
ザーーーーーーーッ!!!
雨きたー!!!さっきまでピーカンだったんやんけ!!
(写真は合成です)

横ではみさ子さんが
「この雨男っぷり、一体なんなの」
とボヤき、Twitterではフォロワーさんが
「いま成田に行ってる三郷の雨男すごすぎない」
と呟き、シイノキ四面楚歌。三郷では小さな竜巻も起きていたようですね。
干ばつに悩む国に神の使いとして派遣されてみたい。

周囲のキャンパーが悲鳴をあげるなか、みさとぴファミリーは『Cricket(クリケット)』で優雅に読書タイム。
当たり前のことながら、雨も風もまるで怖くないですね。
あと、気づきました?LED照明もついてるんですよ、このトレーラー。

雨降ってるのに、こんなに快適なキャンプなんて初めてかも。
息が白くなるまで気温が下がった成田でしたが、『Cricket(クリケット)』の中は気密性の高さのおかげで、人の体温で室温が保たれていました。
この日はこのままご就寝。

朝ごはんは管理棟で販売されている焼き立てパン!

管理棟では毎週日曜朝には焼き立てパンが売られていて、こちらが大人気。
みさとぴファミリーも、並んで買いました。

おいしい牧場ヨーグルトも。
味が濃厚で奥深い。

仲良くなったお向かいさんファミリーと遊ぶ子どもたち。
「キャンプの一番好きなのは新しい友だちが出来ること!」
というのは1姫のお言葉。みさ子譲りのコミュニケーション能力の高さ。

歩いて5分!ゆめ牧場でもたっぷり遊べるよ

成田ゆめ牧場オートキャンプ場の特徴はチェックアウト時間。
なんと、チェックアウトが17時なんです。なので、宿泊二日目は早起きしたらテントを張ったまま牧場に遊びに行けちゃうんですよ。
しかも一泊二日の間、出入り自由。

牧場内で売られているミルク&ヨーグルト&ソフトクリームの乳製品三銃士
これはうまい。2回食った。

牛に餌をあげたり

芝すべりしたり

乳搾りしたり

うますぎてもう一回ソフトクリーム食べたり!
二泊くらいしないと楽しみきれないかもしれない。

三郷のキャンパーは、成田ゆめ牧場をホームキャンプ場にしてしまってもいいくらい良いキャンプ場ですよ。
GWは混むけど、普段はフリーサイトでゆったり楽しめるハズ!
今季は何回か来てもいいなぁ。

撤収は手慣れたもの!

『Cricket(クリケット)』の接続は、練習も含めると3回目。
撤収時も、もう手慣れたもんです。

なにが素晴らしいかって、道具類の撤収が楽!
結構な荷物量になるんで、普段はトランクへの積み込み方を間違えると入り切らなかったりするんですよね。
『Cricket(クリケット)』があると、ポンポーンと積み込んでしまえばいいだけなので時間が大幅短縮されます。

大幅短縮した時間は、後ろのサイトのファミリーと
「ずっと気になってたんですけど、そのトレーラー、なんですか?」
という話で盛り上がり。
ご友人が長野でアウトドアイベントを開催されたりしているらしく、どこかで繋がったら面白いですね!なんて話に。

『Cricket(クリケット)』キャンプ第一回の感想まとめと反省点

初の『Cricket(クリケット)』を使ったトレーラーハウスキャンプ。
アウトドアの楽しいところ(食事や会話)を担保しつつ、就寝時の快適さや装備の豊富さ(今回は活躍しなかったけど蛇口からはお湯が出るしシャワーもついてる!)。
これさえあれば長期間日本中を旅してもつらくないんじゃないかという確信と、ネタでやってみたいチャレンジ欲。

ただ、PRも兼ねてやってきたのに、余裕がなさすぎてあまり多くの人に見せてあげられなかった点は大きな反省点だし、これまた余裕がなさすぎて魅力を伝えきるだけの経験と撮影が出来なかったところ。
ここのこれなに?!え、こんなのもついてんの?!
みたいなのも一杯あるんですよ。でも、写真がないの。
みさ子はポンコツだし、俺はギリギリだし。

次はいつ行けるかな、トレーラーキャンプ。運転中のプレッシャーはすごいんだけど(道が細くなってきた時とか)、なんとも言えない安心感と高揚感があるんですよ。
「うちと一緒に行きませんか!」
って方いたら、是非是非声かけてくださいね。
また相談してお借りしたいと思います!

あ、おまけです。
成田からの帰り道、牛久らへんででっかい仏像も見れちゃいますよ。

今回は忘れ物多すぎた

今回はクーラーボックスやらなにやら忘れ物多すぎた。
いつもはグループキャンプだから、足りないものあっても誰かがカバーしてくれるもんだから忘れ物しがちだなー。

チェック用のなんか作った方がいいんじゃないの。
使わないものも多かったよね。シイノキの寝袋とか。『Cricket(クリケット)』の中暖かかったから、いらなかったね。

そうね。こういういらないモノ系は何回かやるうちに結構出てきそう。
実はテント建てることに意義がある!と思っていた節があるんだけど、トレーラーキャンプはコレはコレで最高に楽しい。
梅雨でもキャンプ行けるな!っていう心強さもすごい。

雷雨&豪雨でも全然余裕だったもんね。

ただ、アレだね。
最近はキャンプブームすぎて、良いキャンプ場はすぐ埋まっちゃうから自由が効かない。。
なんだったら、海辺の駐車場で車中泊とかでもいいのかなー。

みさとぴが、キャンピングトレーラー『TAXA Cricket(クリケット)』のオフィシャルアンバサダーに就任!販売はもちろん三郷の会社です!
三郷発の『Cricket(クリケット)』はNASAの遺伝子を感じる最新のトレーラーハウス【PR】
キャンプ本番前にトレーラーハウス『Cricket(クリケット)』の接続手順と走行練習をレクチャーしてもらった【PR】

『Cricket(クリケット)』についてのお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

メッセージ本文

みさとぴでは皆さんからの情報提供を募集しています!

みさとぴでは皆さんからの情報提供を募集しています! リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

お名前 (偽名OK)(必須)

メールアドレス(お返事します!)

メッセージ本文