2018年11月2日 【小ネタ】あやしいものではございません!明治大学の和泉キャンパスの学食にランチ潜入してみた

出張みさとぴ

こんにちは。
副編集長のシイノキ(@info_misatopic)です。

ぶっちゃけ、今日の記事は三郷とは全然関係ないんですけど、ちょっと新鮮だったので是非シェアしたいなと。
最近、渋谷にあったシイノキの務める会社のオフィスが移転しまして。
ちょっと行くと明治大学のキャンパスがあるってんで、同僚三人オジサンズで学食に突入したんです。
その時のレポート記事を小ネタでチョロっと。

キャンパスライフ未経験のシイノキが明大に潜入!学生に混じって学食たべてきたよ

訪れたのは明治大学の和泉キャンパス内にある和泉の杜学生食堂
シイノキは高校時代、大学進学という選択肢がまったく頭になくて。というのも、友人達の大学進学率もものすごく低かったし、大学というのは選ばれし者達が
行くところだと思っていたんですね。ましてや、明治大学なんてのは選ばれし者たちの中の超エリート、聖闘士星矢で言えば黄金聖闘士ですね。
シイノキはあれです。町人A。青銅聖闘士じゃないし、ましてや聖闘士ですらない。小宇宙もスッカスカ。
みさ子さんに言わせれば、「学部によってかなり違いはあるんじゃない」とのことなのだけど、あんまピンと来ないです。
…がくぶ?

そう、校舎があちこちにあるのも不思議で。
御茶ノ水にも新しい校舎あるじゃないですか。明大。あれも明大でこれも明大なの?どういうこと?っていう。
こいつなに言ってんだって思われるかもしれないんですが、僕にとってどれだけ『大学』『キャンパス』といったものが縁遠いものだったのかが伝わっていればOKです。

『学食行きましょう!安いし旨いんです!』と同僚に誘われた

きっかけは、「明大の学食行きましょう!安いし割とおいしいんですよ!」と同僚に誘われた事。
その同僚は家も近くで、プライベートでもたまに訪れるんだとか。
まず気になったのは、入っても大丈夫なのかと。守衛さんに羽交い絞めにされた挙げ句、警棒でボッコボコにされないのかと。
「…?ご年配の学生さんもいますからね。」
と聞かされ、「…確かに!!」と衝撃を受けました。
大学生=若者という固定概念がウ○コすぎました。

最寄りの駅は明大前駅。
京王線と井の頭線が通っています。こんなことでもなければ、降りることはなかったかもしれない駅。
濃紺と赤っていうキーカラーがつくばエクスプレスとお揃いですね。

和泉キャンパスは徒歩5分ほど。
甲州街道を渡る歩道橋を超えた先にあります。

ちょっとドキドキします。
こんなことで緊張するとは…。

構内の掲示板には教習所のチラシがたくさん。
なんでも、このキャンパスは1年生&2年生が多いんだとか。
てことは大体20歳前後年下なわけですね。そこまでの差は感じないとか思ったけど、向こうから見たら確実にオッサンなんだろうな。

着いた。綺麗にディスプレイされてる。
カレーが250円だと…!

パワーランチ650円、2260kcal。
俺の基礎代謝が1800kcal前後だった気がするので、1発で蓄積決定。
若者ならではのメニュー。

他にも、ラーメン300円、チャーハン270円と破格。

シイノキがオーダーしたのは、油淋鶏定食440円。
トレーを持ってカウンターに受け取りに行くスタイル。

勤務中のランチに味噌汁がデフォでついてワンコイン以下とかお得すぎる。

味の方もバッチリです。ちょっと衣硬めだけど。

テーブルの上には、『公認会計士講座』とか、『留学フェスタ』みたいなものが置いてあり。
留学フェスタってなにやるんだろう。ちなみに、シイノキは留学はもちろん海外旅行経験もないです。
みさ子さんはスペインにホームステイとか行ってたな。

同行したオジサン(営業部長46歳くらい)が
「うはー!やあすーい!!」
とカレー&パスタをたいらげていた。

「ねぇ、俺、ラーメンも食べたい。食べるでしょ?」
「はぁ?働きすぎで満腹中枢イカれてんじゃないすか?」
「だぁってさ、1000円以下でこんなに食べられるんだよ?」
「発想だけわけぇっすね」
とか言いながら、仕方ないのでお付き合い。

ハーフラーメン(180円)をいただいた。お腹いっぱい吐きそう。

すんごい綺麗なのね。食べるスペースも。
メニューによってフロアが違ったりします。

置いてあるパンフレットも異世界。
税理士、司法書士、国家総合職。俺にとっては『新宿のスイーパー(殺し屋・掃除屋)』と同じくらい現実味のない職業
今度キッザニアで教えてもらおう。

学食内の自販機で買えた『明大茶』
飲むと偏差値が10あがる(小並感)。

明大学食まとめ

キャンパスというシイノキにとっては人生の非日常感溢れる中で食べたランチ。
味は平均値なものの、安さが異常というコスパの高いランチとなりました。
なにより驚いたのは、学生の皆さん食べながら談笑してたかと思ったら、急に勉強しはじめたりして。学生時代、休み時間に勉強してるヤツなんかいなかったよ!
こういうルートの人生もあるんだなっていう新鮮さが楽しかった。

下町に突然現れるオシャレカフェ!金町のcafe・hakutaへ行ってきました♪

三郷だと、金町にある東京理科大の学食とかにお邪魔するのが一番身近かな。
キャンパスライフ経験者も未経験者も、日常とはちょっと違う空気のある場所で時間を過ごしたりすると気合入ったりするかもしれない。
ただ、外部から来訪のゲストなのでマナーを守りつつ楽しみたいとこですね。

高校の学食はよく使ってた

学食訪れたことで、消えていた記憶がいくつか蘇って。
高校時代はよく学食で飯食ってたなと。人気の惣菜パンとかお弁当があったりして。
クラス替えとかで教室が学食から遠ざかったりすると、
「授業終わってからじゃ間に合わねぇじゃん!」
みたいな会話をしていた気がする。

高校時代の記憶がないってよく言ってるもんね。
たかだか20年前だよ?あたしは思い出いっぱいあるけどなぁー。

リア充系だったからじゃね。
俺はなんだろ。ヒエラルキーの中層をくらげみたいにふわふわしてるタイプで。
これといった良い思い出も、悪い思い出もないのよ。
人生において一番気力のない時代を過ごしていたかもしれない。学生時代は。
ほとんど無欠席で卒業したってのに。

今よりも気力ないの…?
それ、もう木とか草とかレベルじゃん。やばいよ。

木とか草なら光合成するからね。
二酸化炭素だけは吐いてたけども。今度卒業アルバム見てみよう。
また、なにか思い出すかもしれない。

みさとぴでは皆さんからの情報提供を募集しています!

みさとぴでは皆さんからの情報提供を募集しています! リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

お名前 (偽名OK)(必須)

メールアドレス(お返事します!)

メッセージ本文