2017年2月10日 2月中旬に満開を迎える早咲き桜『河津桜』!三郷市内や近くで見られるスポットを探してみたよ

出張みさとぴ

こんにちは。
副編集長のシイノキ(@info_misatopic)です。

こんにちは!
妻で編集長のみさ子(@misako_misatopi)です!

最近、寒くて出張みさとぴ記事が書けてなかったのだけど。
春っぽい日が増えてきて、少しづつ、ほんとに少しづつ春の足音が聞こえてきたような、全然聞こえないくらい寒いような。

いやぁ。。。
こないだは雪降ったしね。どうなんだろうね。
無理があるんじゃないの?春っぽい記事書こうとしてんだろうけどさ。

うーん。まぁ、記事もそうなんだけどさ。
なにより、北風浴びてるとテンションがあがらないんだよ。マフラーは肩凝るし。
少しでも春気取りたいわけ。
そんな時にぴったりなのが、早咲きの桜ね。あれ見ると一気に春側に気持ち持ってかれるの。
というわけで、三郷から気軽に行ける早咲きの桜スポットの記事でございます。

2月中旬に満開を迎える早咲き桜『河津桜』で春気分をさきどり!そんで、いろいろ頑張ろう!

河津桜って知ってますか。
1月下旬から2月中旬にかけて満開を迎える、静岡県賀茂郡河津町発祥の早咲きの桜なんです。

静岡県賀茂郡河津町では毎年大規模な『河津桜まつり』が開催されています。
集客力も半端なく、毎年90万人近くの観光客を集めています。
河津桜まつり公式サイト◆河津桜まつり実行委員会◆

魅力的なのは、菜の花のイエローと河津桜の濃いピンクのコラボレーション。
シイノキも大好きで、みさ子さんとも行きましたし、友人らとキャンプも行きました。

もう随分前の写真ですが、いいなぁ。
河津桜のピンクの花弁、好きなんだよね。

距離が距離なので宿泊前提で行った方がいいですね。
豪華な旅館よりも、海の見える小さなペンションで安く済ませた方が、個人的には良い思いが出来る気がします。

ただ、伊豆はマジで混雑がすごいんです。他の選択肢を考えてみる。

みさ子さんと訪れた年、三郷から首都高を越えるまで2時間。
箱根から河津までの区間で、なんと渋滞で6時間かかりました。三郷-河津まで合計で10時間
飛行機に乗ってればハワイまでいける時間です。
伊豆方面は道の選択肢が多くないので、シーズンと時間帯によっては渋滞がすごいんですよね。
そこで、河津以外での河津桜を探してみました。

三郷から車で100分!千葉の鋸南町にも河津桜がありました

南房総の木更津のちょい先、千葉県鋸南町(きょなんまち)というところにも河津桜の並木があるみたい。
鋸南町では、この河津桜で独自の地域ブランディングを目指しているそうで、『頼朝桜』と呼んでいるようですね。
源頼朝が鋸南町に流れ着いたという史実にちなんで名付けたそうです。

頼朝桜 – Google 画像検索

なかなか綺麗な並木ですな。
2月18日から3月12日まで、こちら鋸南町でも桜まつりが行われているようです。
やはりそれなりに混雑はするそうですが、伊豆よりはマシ?かもしれないです。
みさとぴファミリーも、今年はこちらに遊びに行ってみる予定ですよ。
頼朝桜まつり – 佐久間ダム湖親水公園  ~千葉県鋸南町(南房総)~

温泉付き宿泊施設もあるみたい?

泊まりで行こうかな。どうしようかなぁ。

出不精の方はもっと近場、市内でも見られますよ

こちらは数本だけですが、近所の方は是非見てみて。
三郷市消防本部南分署前に、ひと足早い春の気配。『河津桜』が咲いてます(2016)。
ほんわかーな春気分が味わえます。

あとはみさと公園。
河津桜に花桃に梅!みさと公園近隣の春の訪れをカメラにおさめてきました! : 三郷ぐらし – 埼玉県三郷市の地域情報ブログ
こちらは同じ地域ブログ、三郷ぐらしさんの記事ですが、みさと公園の中にも河津桜があるんですよ。

近場でも味わえちゃう春気分、結構ね、得した気分になるんですよね。
河津や鋸南町に行く前に開花状況の参考にするのもいいかもしれないですね。

春よ、来い はよ

んー。
お出かけスポット記事は心がムズムズするね。
早く出掛けたくなる。今週末は天気良いみたいだし、どこか行こうかなー。
先週は全員インフルでダウンしてたし。

うちの母も来てるしね。
せっかくだからあちこち連れていってあげたい。

行きたいとこは一杯あるんだよなぁ。
みさ子さんの運転が多少でも信用出来れば、またちょっと違うのだけど…
どこ行くにも俺の運転のみだもんなぁ。

そこは頑張れよ。
どこのパパも頑張ってるだろ。

みさとぴでは皆さんからの情報提供を募集しています!

みさとぴでは皆さんからの情報提供を募集しています! リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

お名前 (偽名OK)(必須)

メールアドレス(お返事します!)

メッセージ本文