2015年12月23日 みさとぴシイノキによる地域ブログの使い方の説明書

副編シイノキの独言

こんにちは、シイノキです。
今日はカテゴリ名の通り、誰の役に立つとも知れない完全な独り言を展開します。
テーマは、『地域ブロガーの使い方』

そもそも、地域ブログ・地域ブロガーとは何者なんだ

freee151108519450-thumb-815xauto-19958

自ら地域ブログを運営しておきながら、こんな事言うのもなんなんですが。
ひとことで言うと、『物好きな人々』です。
悪意はないので怒らないで。

まず、方法にもよりますが運営するにはお金がかかります。
みさとぴの場合、データを置いているサーバ代ドメイン(例:misatopi.com)代がかかってます。月に1000円くらいですかね。
それと、記事を書く人件費(時間)ですね。
みさとぴには幾つか広告を置いているので収益もありますが、真っ赤も真っ赤、完全なる赤字です。

にも関わらずネタを探し、定期的に記事を書く。
『物好き』以外に表現のしようがありません。
地域企業さんの定期広告掲載などで黒字化してる地域ブログも勿論ありますが、そこに至るまでの消費リソースとモチベーションたるや並大抵のものではなかったと思うのです。

そんな物好きをうまいこと利用しちゃえばいいじゃん

YOTA85_husaiyou215135819-thumb-815xauto-14196

中小企業や店舗、行政の皆さんも仕事で情報発信してると思うんです。
SNS使ったり、自社サイト使ったり。
ところが、思うように広がらなかったり、他部署やら上司やらの「こう書けって言っただろ!」的な圧力で発信の仕方に制限があったりするパターンが殆どかと思います。
SHARPさんのTwitterとか稀な例ですよね。

あんたなんの話してんだ
面白いですよね、SHARPさんのTwitter。

活発な地域ブログ運営者って基本的にWeb業界の人が多いように思います。
検索エンジンへのアプローチの方法や、デザインの見せ方、記事タイトルへの気遣い。
セミプロ(ハイアマチュア)〜ガチプロだったりします。
あ、シイノキはアマチュアですからね。

そんでもって、既にある程度の数字(閲覧数)を持ってる。
常に記事のネタを探してるし、ヘタするとネタに困ってる。
こんな都合のいいことないんで、うまいこと利用するといいと思うんですよね。

ゼロから始めて効果が出るようになるには時間と労力が必要なので、自社の広報活動で地域ブロガーに協力を求めるっていうのはひとつの手だと思います。
企画記事だったり、紹介記事だったり。
ものによっては有料だったりしますが、ちょっとしたリンクや紹介記事くらいなら無料でやってくれるとこも多いんじゃないかな…。

企業広告&Web記事のコラボ例(正統派PR記事)

正統派PR記事は、シンプルに商品やサービス、施設の紹介をしてもらうって感じですね。
商品を試用してもらってレビュー記事を書いてもらう、体験してもらってレポートを書いてもらう等のアプローチの仕方だと思います。

JRA日本中央競馬会&GIZMODE

ガジェット系情報サイトのGIZMODEさんがJRAさんのPR記事を書いた例。

まじで!?と声を上げてしまいました。
「現代の世界中のサラブレッドは父系の血統をたどっていくと、すべて3頭の馬にさかのぼることができます」
これはJRA日本中央競馬会のサイトで見つけた言葉。

サラブレッド約9割の先祖が同じ馬だって知ってた? : ギズモード・ジャパン

キャッチーでインパクトのあるテーマからJRAのPRに持っていってますね。
見事。

らばQ&富士通

シイノキも愛読している面白ニュース系配信サイト、らばQさんが富士通スマホarrowsの耐久性をPRしている記事ですね。
シンプルにarrowsの強い点をPRしてます。

最新のarrows は、スタイリッシュな見た目とは裏腹に、軍用規格であるMIL規格を14項目もクリアしているそう。

そこで本当にそんなにタフなのか、冬のゲレンデに持ち出して、ちょっと過酷な使い方を試してみました。

こんなにスタイリッシュなのに超タフネス! 軍用規格をクリアした最新arrowsを、雪山で酷使してみた:らばQ

企業広告&Web記事のコラボ例(ネイティブアド編)

いまWeb業界を席巻しているのがネイティブアドと呼ばれるもの。

ネイティブアド(ネイティブ広告)とは、広告コンテンツを当該メディアの記事と同様のデザインやスペースに掲載したもので、記事と広告を自然に溶け込ませることによって、そのメディアの読者やユーザーにストレスを与えず情報を届ける広告手法のこと。

ネイティブアド – MarketingPedia (マーケティング用語集Wiki)

賛否両論あるうえに、『ネイティブアド』というワードがいまいちわかりくいですが、事例をあげていきましょう。

コイケヤ&谷口P

LINEのカリスマWebライター&チーフプロデューサー、谷口マサトさんによるコイケヤコラボ記事。

キャラクター天国日本。ご当地モノから艦隊まで、何でも擬人化してしまうこの国でまだ未開拓の分野がある。それは工場の機械だ。そこで今回、“ヒミツの三角形”ことお菓子のポリンキーを作る工場を擬人化してそのヒミツを探ってみた。

ポリンキーのヒミツ工場を“擬人化”して漫画化 – ライブドアニュース

教えてもらえなかったポリンキーの秘密を公開してしまう&日本の擬人化ブームに乗っかるという切り口の大胆さ。
かなり拡散されてましたね。これでポリンキーが売れたのかどうかまでは知らない。

シムシティ&オモコロ ヨッピー

プロ無職で人気ライター、ヨッピーさんによる、ゲーム『シムシティ』のPR記事。

本物の市長って、やっぱりシムシティも上手いの!?
どうでしょうかこれ。やっぱり気になりません?
まあゲームのシムシティならスタジアムを建設してあげたら「ワーッ!」って歓声が起こるのに、実際の政治だと新しい国立競技場建てようとしたら国民にボロカスに怒られたりしてますからね。

市長って本当にシムシティが上手いの? 千葉市長とガチンコ勝負してみた | オモコロ

思いついても普通はやらないことをやってのけるヨッピーさんらしい記事。
千葉市市長の熊谷俊人市長の好感度も爆上げしたコチラの記事も、えらい拡散されてました。
ちなみに、このヨッピーさん、去年の夏くらいにピアラシティで見かけました。

IMG_3347

この赤いやつね。大人も子どもも怯えてた
妖怪ウォッチは本当に流行ってるの!?街で調べてきた | オモコロ
こちらの記事の取材だったようですね。
ヨッピーさん、応援してます(年上だと思ってたら年下で驚愕した)。

と、このお二方を例に出すのは恐れ多い(企画発想力が段違い)んですが、企業単体では踏み出せない領域で面白い記事を実現してますね。
こっち系の記事はとにかく拡散力がスゴい。

激戦区になりつつある三郷は美味しい

地域ブログが増えてきた三郷は美味しいんです。
・うちの商品ならあそこがうまく紹介してくれそうだな
・こういうサービスならあそこの方がいいかも
・いろんなとこに書いてもらった方が多くの層に拡散出来そう

っていう選択肢があるんですよね。
みさとぴが何を得意としてるかは、ちょっと客観的には判断しづらいですが。
なんですかね。。。夫婦漫才?

よし!ってことで、ネタください!

結局のところ、なにが言いたいかって言うと
ネタください!書かせてください!
ってことになるんですかね。
いや、なんか趣旨変わった気がするな……。

うちじゃなくてもいいんですけど。
地域ブログが何かを動かすところを見てみたいというかなんというか。
おお!!こんな化学反応が起こるのか!!みたいなことに興味があるので、みさとぴが協力出来ることがあればやらせてください!
っていうことですかね。

ということで、ご興味あれば下のフォームから、「興味ある!」とだけ言ってくれると嬉しいですね。
いや、ダメだ。なにやってる人かくらいは書いてください。あと、連絡先。

一緒に面白いこと考えていけたら楽しそうだなっていう、ポップなノリでいます。
任せるから全部やれ!いい感じにやっとけ!!みたいなのは残念ですが……断ります!
お互い楽しくないと意味ないので。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

題名

メッセージ本文



みさとぴでは皆さんからの情報提供を募集しています!

みさとぴでは皆さんからの情報提供を募集しています! リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

お名前 (偽名OK)(必須)

メールアドレス(お返事します!)

メッセージ本文