2016年3月1日 三郷から約2時間!雪あそびとシルバニア&ウルトラの聖地、静岡の『ぐりんぱ』で遊んできたよ

出張みさとぴ

こんにちは、シイノキです。
シイノキは元々は家にいるのが嫌いで。
“そろそろ飯だな。冷蔵庫にアレがあるから飯はアレだろうな、さっきあの話をしてたから飯を食ったらあそこに行くんだろうな。”
家にいると予定調和的な生活になりがちなのがどうにも。

面倒な性格だねホント。
「計画たてるとつまらないからやだ」とか言い出すしさ。
ハプニングへの対応力高いわけじゃないでしょうに。

ほっとけっつの。
なので、お出かけ大好きなんですよね、本来。
ここんとこ三郷から出ない生活が続いてたので、久々の遠出をしてみましたよ。

行き先はノーマルタイヤでも行ける雪のあるところ!

子どもには季節ごとの楽しみを知って四季を好きになってもらいたい。
ということで、冬と言えば雪!
電車は大変なので、ノーマルタイヤで行けるとこを探したらここが見つかりました。

20160228a

スノータウン イエティ|静岡県 富士山2合目のスキー場
トップ画面右端に道路状況が毎日更新されているので安心。
我が家のSUBARU XVは四駆だけれどスタッドレスを履いていないのだ。
ただ、暖冬の影響でクローズしている施設が多いのが気になり、隣接のぐりんぱに行き先を変更決定!

20160228b

静岡県 遊園地 富士山の自然と遊ぶ ぐりんぱ-Grinpa-
上のイエティと同じく、富士山麓に広がるフジヤマリゾートのひとつ。
シイノキ初来訪。

時間と交通費はどれくらい?

三郷からはこんな感じのルート。
往復で300km弱。
首都高 930円
東名道 2320円
合計 3250×2(往復)で6500円
にプラス燃料費ですね。
家族ひとりあたり2000円くらいの経費でした。
SUBARU XVの燃費は高速だと16km前後です。

この日は東京マラソンということで少し心配したものの、首都高は順調で往路に2時間弱、復路が30kmの渋滞で4時間くらいでした。
運転手はなかなかツラいですね…。

というわけで、富士山目指して出発!!

上にも書いた通り、首都高は順調!
7時出発の予定が7:50分頃になってしまったのは、時間にルーズなシイノキファミリーにとってはいつものこと。
せっかくなので、富士山の見えるとこで一回休憩。
初めての間近富士山に1姫も大声あげて喜んでくれた。

休憩は鮎沢PAで!モンベル売店や戦闘機&トレーラーのガチャが特徴だよ

IMG_9586

IMG_9585

利用したのは鮎沢PA
東名高速と言えば海老名や足柄ですが、でっかいとこは嫌いなんです。
でっかいPAだと、小型犬連れたオバチャンを見てニヤニヤするくらいしか楽しみがないんですが、小さいとこは「どうにかして賑やかそう!」っていう努力というか迷走感というか、そういうのが見えて楽しいんですよね。

IMG_9584

さっそく見つけたお嬢様聖水
情報としての旬は過ぎてますが、見かけたら買わざるをえない。

IMG_9587

そしてなんと、珍しいのが店舗内にモンベル
丹沢山系が近いっていうのもあるのかもですね。壁一面分ですが、登山の忘れ物を買う!みたいなことも出来そうでしたよ。

IMG_9591

パーキングエリア最安値!車中泊専用マット!
ちょっと他のPAで見たことないんで価格が安いのか高いのか判断しかねるんですが、こんなのもありました。
車中泊ってメジャーな文化なのかな…。

IMG_9589

割と大きめの戦闘機やトレーラーのガチャも見つけた。
記念に買おうかと思ったけど小銭がなかったのでやめた。

IMG_9597

裾野ICを降りて、富士山スカイラインを走る。
事前情報でチェーンは不要とはわかっていたものの、標高があがるに従って増えていく道路脇の雪に、ちょっと不安が募る。

IMG_5209

ところどころ怪しかったものの(朝方は凍結してたかも)、無事にぐりんぱに到着!
気温は5度くらい。寒いけど、まぁ普段着で平気ですね。

静岡県 遊園地 富士山の自然と遊ぶ ぐりんぱ-Grinpa-

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雪遊びをしにきたシイノキファミリー。
どうやらシルバニアビレッジ、M78ウルトラマンパークというものもあり、ファンの方々にはちょっとした聖地になっている模様。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チケットはこんな感じ。
ワンデーで大人3300円、子ども2450円はなかなか高い!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そこはさすがのみさ子さん。
道中、メルマガ割引を探しあてて、
入園+アトラクション3回券 大人1700円 子ども1550円というチケットを買ったよ。
雪遊びで時間使うだろうし、3回分あれば十分だろうという予測。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チケット売場から入園すると、物販エリア。
おみやげも買えるし、雪遊びグッズや防寒グッズもあったよ。
ウェアのレンタル(大人用&子供用)も出来るみたい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

右手にアイススケートエリアを発見。
昔は滑れたんだけど、いまはどうだろう…。時間があればやりたい。

スノーカーニバルエリア方面を目指す。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おおう!等身大(?)シルバニアを早速発見!
1姫も大好きでシルバニア家族ごっことかをよくやってるので大興奮。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

可愛らしい家も建ってる。
中を見るにはアトラクション1回分を消費or300円かかります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

割りとアチコチにいるシルバニアファミリー達。
木にハシゴかけて何をしてるのかと思ったら…

IMG_5218

風船がひっかかってたんですね。
ストーリーを演出する小憎らしさ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

人工雪マシーン発見。
今年の暖冬は雪を商売にする人達には致命的なようですね。
長野にあるワカサギ釣りの出来るとある湖は、わずか6日間しか営業出来なかったとか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日のメイン遊びそりゲレンデ発見!結構広いぞ!
そりさえあれば無料で楽しめます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

早速ソリをレンタル。700円なり。
持ってる人は持ってきた方がいいね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1姫とソリを奪い合いながら、早速スベる!
雪のコンディションはよくない。結構べっちょべちょ。
なので長靴は必須だなー。

普段無表情なせいで、たまに笑うと顔面が筋肉痛になるシイノキ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ワロてる。

動画だとこんな感じ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「もうお姉ちゃんだし一人でやりたい!」と1姫。
4歳でも余裕で遊べます。
「パパもやりたいなー」と言いながら待つ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは有料エリア(アトラクション1回分)のスノーカーニバル。
みさ子さんも遊べば?と2姫抱っこ交代を申し出たら
「長いコースはこわい」
とみさ子さんが言い出したので、比較的優し目のこちらに移動した。
一度出たら、またお金かかるらしいので注意。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チューブで遊ぶ1姫。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

二人乗り用チューブで
「滑らないんだけど!」
と停止しつづける、みさ子さん。トロくせぇなぁ…。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

慣れたのでゲレンデに戻りソリで遊ぶ、みさ子&1姫。
身体が硬い。カッチカチやで。

お昼ごはん探しでウルトラマンエリアに移動

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1時間ちょいほど遊んで、レストラン探し。
こちらのキッズフジQの中には、カフェの他にも

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コーヒーカップや

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プチ絶叫マシン(105cmの身長制限あり)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

物販ももちろん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブロック機関車トーマスがいたりする。
カフェメニューが軽い感じだったので移動。

IMG_5240

一番しっかりしたメニューのお店は大行列!
ほとんどが大陸からのお客様でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

可愛いパン屋さん発見。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シルバニアの誘惑で目的のレストラン探しが捗らない!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

空腹のせいで口論をしながらウルトラマンエリアまで移動してきた。
でかい。これは、シルバニアに興味のない男の子も喜ぶ。
雲がかかってしまったけれど、背景には富士山がドーン!で迫力満点。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_5262

ようやくウルトランレストランに入った。
店内はとても可愛い。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シイノキの頼んだ赤富士カレー
しっかり辛い。ちょっと冷たいのが気になった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウルトラマンカレー
上のやつがお子様カレー。
全体的に高い。全部で4000円オーバーなり。

IMG_5273

IMG_5272

みさ子さん撮影の、男子禁制授乳室写真。
なるほどかわいい。さすがのファミリースポット。授乳室やオムツ替えルームは必須です。

残りのアトラクションチケットを消費する

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

存在を知った1姫熱望の迷路アトラクション
結構な圧倒感。
この日2つ目のアトラクションチケットを消費して挑戦する。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2コースのうちどちらかを選んで、スタンプを集めるお馴染みのスタイル。
むかし大好きだったなー。所要時間は30分ほどだとか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中は紐エリアやらトンネルエリアやらが沢山。
ルパンばりにくぐり抜けようとするも、身体の硬いオッサンは全部ひっかかる。
これがレーザー光線なら死んでる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ものの10分でスタンプを集め、
「なにが30分はかかるだよ。楽勝じゃねぇかwww」
「らくしょーらくしょーう♪」

と父娘でハシャぐ。
このあと20分、出口を探して登ったり降りたりくぐったりして迷った。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やっと見つけた出口への鐘。
「聞こえてるか?黄金郷はここにあったぞ!」
と心の中で叫ぶ(ワンピースネタ)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本日最後のアトラクションチケットでウルトラマンのぐるぐるまわるやつに乗る。
食後なので「オゥェ!!」と終始気持ち悪かった。

IMG_9618

みさ子さんのアトラクションチケットが一枚残っていた(迷路入らなかったから)ので、ウルトラマントレインに乗った。

ウルトラマンエリアをぐるっと周るのだけど、置いてあるのは怪獣とウルトラマンの看板だけ。
ウルトラマンが無理矢理「ウェーイ!」と写真を撮ってるように見える。
こういう園内周遊系アトラクションのシュールさ、好き。

どうしても入りたかったらしいシルバニアハウス

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1姫がどうしても入りたかったらしいシルバニアハウス。
シイノキは留守番で料金追加して入った。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なるほど、なんてかわいらしい。
南欧風住宅が好きだというみさ子さん、片付けモチベーション高まってくれてたらいいのにな。

IMG_9621

そして、シイノキが撮ったこの家。
なんと、ぐりんぱにはキャンプ場もあって、こちらはコテージとして宿泊可能らしい。他にもかわいらしいコテージや、かっこいいコテージが沢山。
ひとり5000円〜9000円くらいで泊まれるみたい。
次は泊まりで来てもいいかなとか思ったけど、雪遊び出来ないと魅力は半減かなー。
ここで、今日のぐりんぱ遊びは終わり。

IMG_9623

帰り道に見つけたおまけ。
40歳からは初老説っていうのがあるけど、富士の国では初老は77歳から。
45歳までは青年らしい。中年という概念は存在しない。
素晴らしい。なんか慰められた。

ぐりんぱ総括

雪のソリはめちゃくちゃ楽しい。
三郷でソリ遊びが出来るくらいの大雪というと2014年2月、2013年1月、その前は30年くらい前になるのかな。
超新鮮だよ。もしかするとソリは初めてかもしれない。

道産子は日常なんだけどねー。
雪まつりが終わったあとの雪山で遊んだりとかも出来るし、そもそも雪の山とかそこらじゅうにあったし(笑)
ちなみに、北海道時代のみさ子フォト。

IMG_0025

雪のレベルが違すぎる。
とは言え、18歳で家を出たみさ子さんも、そろそろ人生の50%以上を本州以南で過ごしているわけで。
その、北から目線っていうの?やめてもらいたいよね。
もはや道産子じゃないよ。

( ゚д゚)ハッ!
そうか…。もうそんなになるのか…。
つまり、シイノキと付き合い初めてから(18歳から)もか……。
なんか、人生ですごい損をしているような気分になってきた……。

ふざけんな。
お互い様じゃヴォケ。
ぐりんぱ、今度はコテージかキャンプで来てみてもいいけど、雪がない時も楽しいのかな。子どもはいつ来ても楽しそうだけど。

施設名
静岡県 遊園地 富士山の自然と遊ぶ ぐりんぱ-Grinpa-
住所
静岡県裾野市須山字藤原2427
電話番号
055-998-1111
営業時間
営業時間/料金 | 静岡県 遊園地 富士山の自然と遊ぶ ぐりんぱ -Grinpa-
URL
静岡県 遊園地 富士山の自然と遊ぶ ぐりんぱ-Grinpa-

みさとぴでは皆さんからの情報提供を募集しています!

みさとぴでは皆さんからの情報提供を募集しています! リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

お名前 (偽名OK)(必須)

メールアドレス(お返事します!)

メッセージ本文