2020年3月23日 濃厚接触ゼロ!埼玉県寄居町で汲んできた湧き水『日本水(やまとみず)』でコーヒーを淹れる休日

出張みさとぴ

日に日に状況が変わってるのでオススメ出来なくなる可能性が大……!
もちろん、落ち着いたらオススメ。

こんにちは。
副編集長のシイノキ(@info_misatopic)です。

こんにちは!
妻で編集長のみさ子(@misako_misatopi)です!

桜咲いてますねぇ。
お出かけ日よりの三連休、みなさまいかがお過ごしでしたでしょうか。

コロナ騒動で出かけられる場所も少ないもんね。
我が家はシイノキの思いつきで、湧き水を汲みに行ってきました。
ゴールも過程もわからなさすぎる!

ゴールなんかないよ。
やること決めたら、それやらないと駄目になるじゃん。ぼんやりでいいの。
『コロナでアレだし、あんまし人のいないとこに楽しいことしにいく』
これだけ決めて、埼玉県寄居町まで行ってきました。
ひさびさの出張みさとぴ更新です!

埼玉県寄居町まで日本武尊所縁の湧き水を汲みに行ってコーヒー淹れてみたよ

本日の目的地はココ。埼玉県寄居町にある湧き水スポットです。
道さえ空いていれば三郷からは90分前後で到着するはずの場所なのだけど。。。

やっぱ連休ナメちゃ駄目ですね。
みんな家にいるだろって思ってたのに、外環も関越も渋滞渋滞。40km近い渋滞が出来ていました。
ので、なんだかんだと片道4時間近くかかってしまうという始末。
「あれだ、今日は行かないで帰るか」
と行った時の長女1姫の哀しい顔を見て、とりあえず水汲みまではしにいくことにしました。

この騒動の中でのお出かけには賛否両論あると思うんですが。。。
家族全員熱もないですし、誰かと濃厚接触するようなプランでもないし、みんな息が詰まっていたので決行しました。

日本武尊所縁の『日本水』

むかーし、日本武尊(やまとたけるのみこと)が山の中腹にザクー!と剣を突き刺したところ、そこから水が湧き出したという伝説を持つ『日本水』
不老長寿の水と呼ばれているらしく、最近、老眼やらなにやら老いの兆候が見られるみさとぴ夫妻も恩恵に期待。
もしかするとさ、もしかするかもしれないじゃないですか。

長女曰く
「まるでミニいろは坂みたい」
なつづら折りの連続カーブを通り抜けると、日本水(やまとみず)の水汲み場に到着。

源泉はまだまだ奥の山の上なのだけど、源泉から700メートルの導水管が設けられていて、蛇口をひねれば誰もが水を汲めるようになっています。

山の中腹なので眺めも抜群。

山桜が咲き、時折うぐいすの声が聞こえてきます。
他人との濃厚接触など、まず起こりそうもない(笑

水を6リットルくらい汲んできました。

協賛金を入れる箱があるので、入れておきましょうね。
とりあえず、ポケットに入っていた200円をチャリーン。どれくらい入れるべきなんだろか。

ナンバーを見ていると、遠方から来ている人、地元の人、多くの方が訪れていました。
実は10年くらい前にも来たことがあるんですよね。
その時は友人二人とバイクでだったかな。

みさ子さんの足にうっかり水をかけるのも忘れません。
「ねぇ、なんで?なんでなの?」
とえらい責められましたが、これもこれといった理由などなく、ちょうど良いところに足があったからというだけなので勘弁してもらいたいです。

湧き水でコーヒーを入れてみた

本当は当日、荒川沿いで淹れて飲もうと思っていたコーヒー。
火を使える場所も多くなさそうだし、火も傾いてきたし……ということで、翌日に庭で淹れることに。

家の中に電動ミルがあるんですが、ここはノリ重視でキャンプ用の手動ミル。
何度か挫折して家の中に飛び込みそうになりました。

淹れるのは、大晦日に火事にあってしまったミカドコーヒーさんで買った豆。
頑張れミカドコーヒー。

うーん。おいしい…けど、おいしさが湧き水のおかげなのかどうかはわからない。
まぁでも、こういうのは気分ですからね。プライスレス。
紅茶は水道水の方がいいんだっけ?

子どもたちにとっての湧き水

子どもらは水道しか知りません。
蛇口を捻ると好きなだけ出てくる水。

「ねぇパパ、ここから湧いた水はどこまで流れていくの?なんで湧くの??」
とシンプルで思い通りの疑問を持ってくれました。

湧き水は山に降った雨が濾されて出てくること
流れていった水は、いくつもの支流と合流して川になること
川の水は海へと流れていくこと
水が空気へと還り、雲となって山に降り注ぐこと
地球に大気のカプセルがある限り、水はずっとそれを繰り返していくこと

どこまで理解出来たかはわからないものの、一通り説明してあげました。
良い授業になった。

長女の1姫の水の感想は
「家で飲む水よりスッキリしてる気がする!おいしい!すごい!」
だったんですが、あちこちの説明を読む限り
『日本水は口当たりのやわらかい、甘い水』
とのことでした。当たってる……のかな?
俺は正直よくわからんかったです。「うん、飲める」って感じでした。バカ舌。

決して近い場所ではないですが、それほど離れたとこでもないところに、こんなスポットがあります。
密集地帯を避けたい昨今、ちょっと疲れを癒やしたい時などオススメのスポットです。

楽しい休日を過ごせた

俺、世界で美しいものランキングは水・火・木がTOP3だと思っていて。
キラキラと光を反射しながら揺れる水を見ていると癒やされるのです。柄にもなくテンションがあがる。

そういや、若い頃もよく山連れていかれたねー。
あたしも嫌いじゃないけど、川辺の石に座って足チャプチャプするだけして
「よし帰ろう」
とかさ。せめて足湯!とか思ったり。

温泉もいいんだけどねぇ。
俺、長湯できないからさ。あと、近距離に人がいるのも落ち着かないのよ。
夏になると、ヒグラシの声とカジカガエルの声が綺麗に響くのよ。川辺は。
あー。夏が待ち遠しい。今年は3連泊キャンプとかしたいわ。夏に。

良かったねぇ。子どもたちもそういうの嫌いじゃなくて。
あと何年かは付き合ってくれるんじゃない?(笑

息抜きも大事なのだけど、新型コロナがこれからどういう展開になるか次第では、悠長なこと言ってられない気もしてきたなーとか思ってます。
最悪のシナリオの時、どう動くかもちょっと考えておこう。

みさとぴでは皆さんからの情報提供を募集しています!

みさとぴでは皆さんからの情報提供を募集しています! リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

お名前 (偽名OK)(必須)

メールアドレス(お返事します!)

メッセージ本文










みさとぴLINE公式アカウント

実はみさとぴの
LINE公式アカウントがあるよ!