2016年6月5日 水元公園で2016/6/1〜2016/6/20まで行われている葛飾菖蒲まつりに行ってきたレポート

みさとレポート

こんにちは、シイノキです。
2016/6/1〜6/20の水元公園菖蒲まつりの陶器市や仔猫や写真のお話 | みさとぴ
先日、こちらの記事でご紹介した、水元公園の菖蒲まつり。
さっそくシイノキファミリーで行って参りました。

結構な賑わいだったね〜。
まだ少し痛い足とかがきつかったけど。
菖蒲も綺麗だった☆

子どもたちが飽きてしまったってのもあり、満喫!ってわけにはいかなかったけど、なかなか楽しかった。
さっそく、様子をレポートするよ。

葛飾菖蒲まつり in 水元公園

まつりの名前が『葛飾』というくくりなのが気になるとこなんですが、実は同じ葛飾区内の堀切菖蒲園と同時開催なんですよね。
あっちは行ったことない。今回も水元公園でのレポートになります。
菖蒲は、広大な水元公園の中でも水元大橋以南で咲いています。
車で行く場合は、水産試験場跡の駐車場に停めるのが良いです。
園内マップ|水元公園|公園へ行こう!

シイノキファミリーはBBQ広場側の駐車場に停車。
帰りに、1姫大好きアスレチックに寄りたかったのと、陶器市を覗きたかったからというのが理由。
陶器市は水元大橋以北で行われているのです。

IMG_1306

ズラーっと出店が並びます。

IMG_1307

輪投げで遊びました。
1回300円。1姫はみさ子さんに似て運動系が残念なので、輪を上手には投げられません。

IMG_1308

なんと、家具なんかも販売しちゃってるんですよ。
こちらのテーブルは30万円近かったかな。公園に来たノリで買う人いるんだろうか。
品物はとても素敵でした。

IMG_1309

草履サンダルや、後ろにちらっとみえる箸などの食器類や

IMG_1310

ちょっとした雑貨類。これはダミー金魚。
『餌はいらない金魚。長生きします。』
って書いてあった。

IMG_1311

有田焼きの一輪挿しなんかも売ってる。

IMG_1333

シイノキが気になったのは、こちらのカエル雑貨。
でもまぁ、ここで買うものでもないかなとスルーした。
買えばよかったかなー。

いよいよ菖蒲園エリアへ

IMG_1316

水元大橋を越えて菖蒲エリアへ。
色とりどりの菖蒲が満開!!

IMG_1318

IMG_1320

園内には14000株の菖蒲が咲いております。

IMG_1319

これはなんだろう。
名前なんだろうか。

IMG_1322

IMG_1303

しかしまぁ、やっぱり写真に撮るには難しい花だなぁ。
ロープで仕切られているので、花からの距離が結構あります。
マクロレンズで撮るぜ!とか張り切ると、ちょっと肩透かしかもしれない。。。
写真目的であれば、望遠マクロか望遠レンズがいいですね。

IMG_1323

この日、園内ではカラオケ大会が開かれており、BGMは民謡・演歌でした。
好き嫌いはおいておくとして、下町っぽさが全開で良いと思います。気持ちよさそうに歌ってた。

IMG_1326

IMG_1325

菖蒲の他にもあじさいも綺麗に咲いてました。
道行く人の中には、「鎌倉行こうと思ってたけど、ここで十分だね!」なんて声も。
でもまぁ、鎌倉には鎌倉の良さがあるので両方行くといいと思います。

葛飾菖蒲まつり in 水元公園まとめ

陶器市がメインの方はBBQ広場側の駐車場。
菖蒲鑑賞がメインの方は水産試験場跡の駐車場。

これだけしっかり覚えていきましょう。水元公園、マジで巨大なので、間違えて歩くことになるとすんごい疲れます。
自転車レンタルもしてたりしますけどね。
平成28年度 水元公園レンタサイクルについて|更新情報|お知らせ|かつまるガイド|水元公園・堀切菖蒲園・柴又帝釈天などの葛飾区観光サイト“かつしかまるごとガイド”

紫を基調とした花が公園中に咲き誇っている景色は、なかなかの絶景。
公園沿いを通る桜土手を車で走っていると、園内の花が結構見えます。下見にドライブで通ってみるのも良いかもですね。

菖蒲まつりが始まると梅雨だなーって感覚が湧く

何度か「もうすぐ梅雨です」とか書いてるけど、いよいよ梅雨も近いなぁ。
春の好天のうちに楽しむべきことが沢山あった気がするけど……。まぁ、いいか。
雨が降ってても楽しめることは沢山あるし。

やだなー、ジメジメ。
梅雨明けっていつだっけ?7月後半くらい?

さぁ。梅雨明け宣言がないまま夏を終えた年もあったからねぇ。
そもそも、まだ梅雨入り宣言もされてないし。そろそろ夏の予定も立てなきゃ!
三郷遊びもいいのだけど、ちょっと遠くに二泊くらいで行きたいなぁ。。。

みさとぴでは皆さんからの情報提供を募集しています!

みさとぴでは皆さんからの情報提供を募集しています! リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

お名前 (偽名OK)(必須)

メールアドレス(お返事します!)

メッセージ本文