2019年8月27日 三郷に出没していた猿のその後がずっと気になっていた

みさとライフ

こんにちは。
副編集長のシイノキ(@info_misatopic)です。

【2019.8.21 松戸にて捕獲】猿が三郷(栄3丁目→鷹野1丁目→東町)に来ちゃってる

ちょっと前に、三郷市内に猿の目撃情報が出てたじゃないですか。
一度葛飾区に出たあと、江戸川を越えた松戸で捕獲された、あのモンキー。
弟に言われたんですよ。
「あれだけ猿がー猿がーって記事にしてたんだから、その後どうなったかも調べろよ」
と。なにをこの野郎!って思ったんですが、まぁ、おっしゃるとおりだよなーどうするかなーって思ってたし、処分されちゃうのかなとか、どこかに放たれるにしろ猿にしてみりゃ『ここどこやっちゅうの!』ってなってるんじゃねぇかなぁとか色々気になってたんですよね。
今朝、千葉日報さんが記事にしていたので、リンクを張らせていただきます。

三郷に出没していた猿のその後がずっと気になっていたが、彼(雄だったらしい)はどうなったのか

彼が捕獲されたのは、松戸市の松戸市小山にある雨水ポンプ場。
施設内にいるところを網で捕獲されたらしいです。

その後、彼の処遇を松戸市と千葉県で対応を協議していたらしいんですが。。。
2019年8月22日の夕方、市外の山に無事放たれたそうです。
詳しくは下記リンク先の千葉日報さんの記事にて。

松戸市施設に迷いザル 捕獲後、市外の山に放つ

まぁ、無事とは言っても、彼は元々は野生の猿のようで。
群れを作って社会を形成して生きる生き物だし、どういう経緯で群れを離れて市街地にやってきたのか、突如放たれた見知らぬ山で、今後どういう人生(猿生?)を過ごすことになるのかなど気になるところですね。

「道で出会って知り合いになった生き物がふと見ると死んでいた」
「そんな時なんで悲しくなるんだろう」
「そりゃ人間がヒマな動物だからさ」
「だがな それこそが人間の最大の取り柄なんだ」
『心にヒマ(余裕)がある生物 なんとすばらしい!!』

シイノキが好きな漫画、寄生獣の最終話で寄生生物が人間に対しての印象を熱弁するシーンを思い出しました。
縁もゆかりも無い猿のことを気にしてしまうのは、僕が暇で余裕があるからなんですかね。
なんとすばらs……もっと働くべきでしょうか、僕は。

というわけで、これがほんとに最後の猿ニュース。
あれですね。その放たれた山でかわいこちゃんと出会って良い家庭を築いていたりすればいいですね。

みさとぴでは皆さんからの情報提供を募集しています!

みさとぴでは皆さんからの情報提供を募集しています! リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

お名前 (偽名OK)(必須)

メールアドレス(お返事します!)

メッセージ本文