2016年8月10日 連日暴れ狂う太陽のせいで、熱中症対策というお節介な記事を書くことにした

みさとライフ

こんにちは、シイノキです。
『2016年の夏は猛暑です!』とは聞いていたものの、
『今年の流行色はグリーン!』みたいなノリで、「ハハ、また言ってら(笑」と聞き流していたら、マジで暑いのでアッタマ来てます。
太陽アホか。

流行色は、その年のライフスタイルを元に専門家集団が決めてr

うるせぇバカ!
そんなことはご存知だし、いま流行色の話はどうでもいいんじゃ!暑いんじゃ!
お前そういうとこあるぞ!
うるせぇバカ!

なんで2回うるせぇバカって言ったんだ、このバカ。

外出るのが危険なレベルで暑いなんて日もある今日この頃。
お出かけの際は熱中症対策をしっかりしましょう!という、おせっかい記事を書きます。

河川に囲まれているとは言え三郷も暑い!熱中症対策は?

熱中症って言っても、原因と症状って具体的にわかります?
シイノキは全然知りませんでした。暑くて頭痛い感じ?みたいな。
そこで調べてみたよ。

熱中症の原因と症状

OOK863_neccyusyou_TP_V


・脱水による体温上昇
・体温上昇に伴う臓器血流低下と多臓器不全
・めまい・失神・頭痛・吐き気・眠気・異常発汗
・重度の熱中症においては致死率30%
・重症例では脳や腎臓に後遺症を残すケースも
・21度〜25度あたりから起こりうる
・夜間・室内でも起こりうる

といった感じでした。
21〜25度でもなるんですね。体力が落ちているととか、そんなかな。
ご高齢の方とかは体温の上昇に気づきにくいとも言われているし、節約で冷房を使わなかったりもするので周りの方は要注意!

あとは元気の塊の子どもたちですね。
あいつら、ギアが常に5速6速入ってるので急にバターン!なりますからね。
これもまた、親がしっかり見ててあげましょう。

万が一発症したら、すぐに病院 or 救急車です。
致死率30%説とか、やばくないですか。3回に1回アウトですよ。

予防対策は水分摂取と塩分

発汗をすると身体から水分と塩分が失われていきます。
夏になると、亡くなった祖母から「元気か?塩を持ち歩くんだよ。夏は塩だ。」と電話がかかってきたのを思い出します。
ボケたのかな?って思ってましたが、さすがは年寄りの知恵。
ただ、現代社会では塩をなめる以外にも塩分摂取の方法はあります。

・スポーツドリンク
・麦茶
・経口補水液※

上記のような飲み物が有効だそうなので、これは常に用意しておきましょう。
経口補水液はがぶ飲みすると、逆に下痢・脱水などを起こすらしいので飲み方には注意。
ナトリウム、カリウムの摂取制限を受けていらっしゃる方もダメらしいです。
脱水症状が出た人には劇的な効果があるそうなので、いざという時の為の薬だと思いましょう。

夏のおまつり、花火大会のようなイベントもそうですし、今はポケモンブームもあるので外出の機会も多いハズ。
元気じゃないと夏も楽しめないというわけで、体調管理には気をつけましょう。

偉そうに体調管理を語るシイノキの体調

偉そうに言ってますが、隠れ肥満(内臓脂肪過多)・日頃の運動不足・食生活の偏り・睡眠不足、様々な要因あって膝が痛かったり脚が痛かったり頭が痛かったり。
立ちくらみでフラフラっとしながら日常生活を送っています。
ポンコツ。

ちょっと鍛えれば?
好き嫌いも多いし、運動もしないし、ぽっくり逝くんじゃないの。

帰ってからの晩ごはんがコンビニ弁当だったり、す◯家の牛丼だったりしなくなったら考える。

我が家のプライベートをこんなとこで晒すんじゃないよ。

みさとぴでは皆さんからの情報提供を募集しています!

みさとぴでは皆さんからの情報提供を募集しています! リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

お名前 (偽名OK)(必須)

メールアドレス(お返事します!)

メッセージ本文