2016年4月12日 つくばエクスプレスの東京駅延伸話が、臨海地域の新線と一体整備?という話が持ち上がる

みさとライフ

こんにちは、シイノキです。
三郷市にとってTX三郷中央駅が出来たというのは市の大きな転換点のひとつ。
シイノキの幼少時代には秋葉原まで20分もかからずに行けるようになるなんて考えもしませんでした。

昔の三郷のことはわからないけど、あれがあるとないのとだと、かなり住み心地変わってくるよね。

陸の孤島なんて言われてたしね。
去年10周年を迎えたつくばエクスプレス。東京駅延伸!なんて話は元々あったんですが、ここ数日で少し動きがあったようです。

秋葉原から東京、更に臨海地域にまで一体整備?!

先日行われた国土交通省の交通政策審議会小委員会で、今後十五年間に二十四路線の鉄道整備を促す答申案が了承されたそうです。

国土交通省の有識者会議「交通政策審議会」の小委員会は、7日に公表した2030年までの首都圏の鉄道整備に関する答申案の中で、つくばエクスプレス(TX)について、東京駅から臨海部への地下鉄構想と一つにし、直結するよう検討を期待するとした。

TX延伸 高まる期待…交通審議会答申案 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

その中に、我らがつくばエクスプレスの東京駅延伸が盛り込まれていたんですが、なんと銀座経由の臨海地域の新設と一体整備という計画が出てきたそうです。

とは言っても、完成はおろか具体的な着工の計画もなく、どこまで実現されるかは不透明とのこと……。
ただし、採算性は高く、実現性は決して低くないという見方もあるようですね。

秋葉原とビッグサイトを結ぶ夢の新線登場か、つくばエクスプレス延伸で | BUZZAP!(バザップ!)
秋葉原-ビッグサイトを結ぶ夢の新線なんていうアプローチの解釈もw

現実的な東京駅までの延伸計画はどうなってるの?

tx-tokyo
流山市による資料

もともと、計画の上でのつくばエクスプレスの起点は秋葉原ではなく東京駅だったようで、こちらは近い未来に実現されると思って良いようです。
ただし、事業費の想定が1000億円工事期間は6年かかる見通しだそうで、東京オリンピックまでには開通するんじゃない?という楽観的な予想は当たりそうもありませんでした。

秋葉原-東京間の距離は約2km。
徒歩であれば30分くらいでしょうか。電車であれば2分くらいかな?
28分の短縮のために1000億円がかかるというのも、よくよく考えるとスゴい話ですね。

アレですよね。
その金、どこがどのくらい出すの?ん?
っていう話なんですよね、きっと。
あとは、東京駅のどのあたりにつくばエクスプレスのホームが作られるのかというところが注目点でしょうか。
またまた深いんだろうなぁ。

つくばエクスプレスの8両化なんて話も?

沿線の開発も進み、26年度の時点の利用者数は32万人を突破。
各駅周辺はこれからも新興住宅ラッシュが続くでしょうし、利用者はどんどん増えるでしょう。
朝の混雑もだいぶ激しくなっており、現在の6両編成を見直して8両化する動きというのもあります。
こちらは既に工事も始まっており、全駅の対応終了を待つばかりといった感じみたいですね。

現在のシイノキの職場は定時という概念がアレなので、割とスカスカな快適通勤が出来てるんですが、ラッシュタイムユーザーさんは、はよせぇや!!といった空気感ですよね。

公には、「計画はあるけど決定ではないよ」というスタンスの様子です。

鉄道インフラの更なる充実は三郷市民の夢

三郷には常磐高速、外環自動車道のICもあり、車ユーザーには割と便利。
これにつくばエクスプレスの延伸計画が加わると、かなり機動性ステータスが跳ね上がるよね。
来年度には外環自動車道の高谷JCTまでも開通されるし。

あたしは遠出の運転しないからピンと来ないけど、確かにそうだよね〜。
ただ、外に出るのが便利なのもいいんだけど、他の場所から来てもらえるようになるのも大事じゃない?

その辺は市政の方向性もあるけどね。
これと言った観光資源も無いわけでさ。
都心のベッドタウンとしての住み心地を良くすることに注力するのも間違いじゃないし。
個人的には、298号の整備で増えたゴミとか、川に浮いたゴミの処理とポイ捨て防止に力入れて欲しいかなー。
歩いてて綺麗な街ってのが、住むには一番いいわ。

お、なんかまともっぽいこと言うね。
あとは、夜の駅前の寂しさも気になるね。

オッサンはいいとして、あれだけ閑散としてると女の子の一人歩きとか不安よね。

みさとぴでは皆さんからの情報提供を募集しています!

みさとぴでは皆さんからの情報提供を募集しています! リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

お名前 (偽名OK)(必須)

メールアドレス(お返事します!)

メッセージ本文