2017年4月21日 三郷工業高校でもロケが行われた『3月のライオン』の映画アニメ展覧会 in 西武渋谷に行ってきたよ【PR】

PR記事

こんにちは。
副編集長のシイノキ(@info_misatopic)です。

三郷工業高校でもロケが行われ、主演の神木隆之介くんの市内での目撃情報もあがっていた映画『3月のライオン』
みさとぴも参加しているLockets(ブロガーさんの集まり)の縁で、西武渋谷で行われている映画アニメ展覧会の招待チケットを頂いたので、ちょろっと見に行って来ました。

実は3月のライオンがなんなのか知らなかったので予習したらハマった

ひとつだけ問題があります。
実は3月のライオンがなんなのかいまいちわかってなかったのです。
・原作は漫画
・アニメもやってた
・実写化された

知っていたのは、この3点だけ。

2枚頂いていたチケットですが、デイリーポータルZや他媒体でライターとして活躍しているmegayaくん(@megaya0403)に
「これ知ってる?招待券1枚余ってるけど行く?」
と打診すると、
「知ってるもなにも大好きすよ!めちゃくちゃ面白いですよ!なんなら貸しますよ?!行きますよ!」
と前のめりだったので一緒に行く約束ついでに、原作をお借りした。

繊細で美しくて脆くて強い天才棋士 桐山零の成長物語

原作は、ヤングアニマルで連載中の羽海野チカさんによる漫画作品。
主人公の桐山零(実写:神木隆之介)は15歳で将棋のプロ棋士になった天才少年。
幼い頃に事故で家族を失い、父の友人である棋士、幸田に引き取られるも、幸田の実子達との軋轢から家を出て一人暮らしをしています。

学校では孤立し、将棋においても不調。
ある日、先輩棋士に飲みに誘われて酔いつぶれ、倒れていたところを川本あかりに介抱されたことがきっかけで、川本家(三姉妹)と交流を持つことになる。
川本三姉妹との交流と将棋の世界の中で、少しづつ成長していく桐山少年の物語です。

これがまぁ、全体に流れる空気が暗くて優しくて、つらくて温かい。
もう38歳のオジサンなので、視点がついつい親ビューになってしまうんですが、10代20代の頃に出会っていたら違うハマり方をしていたかもしれない。
一晩で、発行されている12巻を読破してしまいました。
将棋のルールわからなくても面白いってスゲーな。

つか、神木くん、役柄ドンピシャすぎる。
繊細で弱々しいのに一途な芯の強さをもった桐山零のキャラクターにピッタリ。

さっそく西武渋谷の3月のライオン映画アニメ展覧会に行ってみたよ

「3月のライオン 映画とアニメの展覧会」は2017年4月30日(日)までということで、早速行こう!ということで向かいました。
職場が渋谷でラッキー。近い。

西武渋谷には大きなポスターがドーン。
megayaくんは
「いやー、楽しみっす。誘われてなくても来ようと思ってました。」
と、割とガチのファンだった。

チケットを確認する。
会場のモヴィーダってなんだろうねぇなんて言いながらエスカレーターを登る。

「シイノキさん……展覧会、どこでやってるんすかね」
西武渋谷にいるのに会場が見つからず、なぜかいつの間にか外に出ていた(この後30分くらい歩いた)。
渋谷で働いてるから余裕だと思ってたのに、街が嫌いで駅と会社の往復しかしてないせいで、かれこれ6年程働いている渋谷で迷子になった。

てか、megayaリュックでかくない?

後日出直しました

東京散歩ぽ先輩に、「無印の上ですよw 難しいですよねw」とご教示いただき、後日出直すことに。
ちゃんと調べて行けば難しいポイントは皆無でした。
megaya(三浦半島出身)もシイノキ(三郷出身)もポンコツ田舎者過ぎた。

このビルですね。
Apple渋谷の反対側です。今度こそ着いた!

看板だ!

ここで合ってた!と必要以上に安心する。

受付で招待券と引き換えにチケットホルダーを頂いた。
神木くんかわいいな。ねぇ、オカン、俺、こんな出で立ちに産まれたかったよ。

なんか案内してくれるらしい。
こういうの来るの、娘と行ったプリキュア以来だわ。独特の緊張感。

中に入ると、大きな神木くんパネル。
megaya氏、同じ顔しているつもりらしい。
髪の毛、メガネ、鼻、口というシンプルな構成でここまで差が出るものか。

うん。ソロで撮った方がいいですね。

写真が撮れるのは、このスペースだけ。
たくさんのシーンが切り取られたパネルが並ぶ。

実写、アニメ、漫画。
読んだばかりのシイノキには、どのシーンも記憶に新しい。
実写の再現度たけぇ!

しばらくすると、スクリーンで主題歌とアニメが流れた。
うおー。動くといいなぁ。ちなみに、アニメのシーズン1はhuluで配信されてます。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

更に奥には、原画や実写映画の小物などファン感涙のグッズが展示

これより奥は撮影禁止ゾーンということで写真はないんですが、萩尾望都、ちばてつや、三浦建太郎先生ほか豪華漫画家&クリエイター陣によるエンドカードや、原作者である羽海野チカさんの原画、実写映画の衣装や小物類の数々が展示されていました。
こりゃファンはたまらない。
にわかファンですが、実写のクオリティ高そうで見に行きたくなった!

LION×3月のライオンのフォトスペースもあったよ。

作中にも登場した、初心者にもよくわかるニャー将棋も完全再現。

ニャー達が実写の舞台を案内してくれるVRコンテンツもありました。
やっぱ、VR中の人って滑稽だな。。。なんで口半開くんだろうね、VRって。

映画館では売切れ続出と噂の、グッズ売り場もありました。
こっちにはまだまだ在庫あるモノも多いとのことで、映画館で諦めてしまった人は来てみるといいかも!

前後編で公開されている映画は、まだまだ上映中!

神木くんの他にも、大躍進中の高橋一生さんや有村架純さん、染谷将太に佐々木蔵之介さん、伊藤英明さんに豊川悦司さんと、超豪華キャストにより実写映画はMOVIX三郷でまだまだ上映中です。
http://www.3lion-movie.com/
映画の公式サイトは↑こちらから。

3月のライオン前編 上映スケジュール | MOVIX三郷

3月のライオン後編 作品紹介詳細(公開予定作品)

予告も良い感じだなー。
こういうの弱いんですよね。歳とると涙腺が弱くて…。

というわけで、招待チケットを頂いたことで、また新しい面白いものを見つけてしまった。
原作はまだまだ続きますし、借り物じゃなくて実際に手元に置いておきたいなー。
みさ子さんも好きそうなので読ませたい。

読者でファンの方、興味持った方は是非映画館に足を運んでもらいたいし、原作も読んで欲しいです。
4月30日まで開催中の展覧会にも、お時間あれば是非是非。
三郷在住の方は、冒頭にも触れた三郷工業高校の登場シーンを探すっていう楽しみ方も出来てしまう始末ですよ。

みさとぴでは皆さんからの情報提供を募集しています!

みさとぴでは皆さんからの情報提供を募集しています! リクエストや取材依頼もお受けしているので、どんどんどうぞ!

お名前 (偽名OK)(必須)

メールアドレス(お返事します!)

メッセージ本文